いつどんな形で自分の身に降りかかるかわからない性病。普段から性行為をしている方は他人事ではありません。もしかしたら性病かも?という初期症状についてご紹介します。

男の方が症状が強い性病の特徴と治療法

性病の多くは性器に異常をきたすものであることから、その感染のしやすさも生じる症状も男女で大きな差がでることがあります。全身症状を伴う梅毒のような場合には男女ともに同じような症状が生じることになりますが、一方は感染すると自覚症状を伴うものの、他方は自覚症状を持つことは稀であるということもよくあるのです。そういった性病の中で昔からよく知られてきたのが淋病であり、男性の場合には尿に膿がでるということからしばしば気づける性病であるものの、女性の場合にはほとんど気づくことはありません。しかし、男性の場合には放っておくと激痛を伴うようになる場合もあり、新興とともに必ず苦しむことになってしまいます。いずれの場合にも進行によって不妊になってしまうリスクもあることから早期の治療が必要とされる性病の一つとなっています。古くから問題となってきた淋病に対して、近年になって感染の若年化と拡大が問題になっている性器クラミジア感染症もまた男性の方が症状が強く出やすい性病です。排尿の際に痛みが出たり、尿道がかゆく感じられたりするというのが典型的な症状であり、女性ではほとんど症状がでません。淋菌もクラミジアも尿路に感染するということが共通している点であり、男性の方がリスクが高い性病となる理由となっています。淋病も性器クラミジア感染症も細菌感染症であることから抗生物質の使用によって治療が可能です。紫斑の薬での治療はできないものの、処方薬として有効なものは多数あり、状況に応じて使い分けられるのが現状です。そのため、医療機関を受診して抗生物質を処方してもらうことにより、通常は1週間から2週間程度で治療を達成することができます。