スキーバスツアーの内容について

旅行代理店ではいろいろな目的や行き先にあわせたバスツアーの募集を行っていますが、そのなかには冬の時期だけに限定して、スキー場に人を運ぶことに特化したものもあります。

このようなバスツアーには日帰りのもの、宿泊が付いたものの両方があるほか、同じ行き先でもいくつかの選択肢が設けられていたり、あるいはオプションを追加したりできるようになっているのが普通です。

したがってバスツアーとはいっても、集団行動で制限がかかる部分がないとはいいませんが、申し込みをした本人の自由が尊重される部分も多いため、適切に使いこなすことができればかなり便利といえます。

バスツアーのなかでも日帰りのものは、東京都内をはじめとする集合場所を朝出発して、高速道路で現地まで移動し、日中いっぱいを自由行動としてスキーが楽しめるように配慮しつつ、夕方にふたたび現地で集合してもとのバスで都心に戻るというものです。

一日を有効利用することができるため、サラリーマンなどの余暇の時間が限られた人たちにとっては人気があるほか、宿泊がないため旅行代金が安いところもメリットです。

いっぽう宿泊付きのものは内容としてはスタンダードですが、同様にバスで現地に向かうものの、当日はホテルに宿泊する日程となっており、翌日の午後に帰宅となるか、または数連泊するのが特徴です。

ナイターでスキーを楽しんだり、ホテル内の温泉でくつろぐなど、豊富な滞在時間のなかで自由行動の余地が広がるところはメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です