関西発のスキーツアーのバリエーション

冬の時期には全国各地の旅行代理店などでスキーツアーの募集がはじまります。

これらのなかには地域性がある程度は認められるものですが、関西発のツアーの場合、プランとして提示されるバリエーションが豊富にあることがひとつの特徴といえます。

関西発のスキーツアーのなかでも、北海道や東北地方などの豪雪地帯に出向く場合は、距離的にかなり遠くなりますので、もっぱら飛行機を使ったツアーとなります。

この場合には関西空港や伊丹空港、神戸空港などの拠点がありますので、ここに集合の上で現地の最寄りの空港まで飛行機で向かい、空港からは送迎のバスで移動するかたちをとるのが一般的です。

飛行機の運賃そのものが他の手段にくらべて高くなりますが、現地にはリゾートホテルなども立地していることが多く、滞在中の充実度としては抜群といえます。

関西発のスキーツアーでも岐阜や長野などの近県に向かうものに関しては、新幹線、特急電車または高速バスが利用されるケースが一般的です。

この場合も電車やバスの運賃とともに現地宿泊の代金はセットとしてツアー代金に含まれていますので、団体扱いのリーズナブルな価格でスキーが楽しめるのがメリットとなります。

現地にはホテルや旅館などのいろいろな宿泊施設が建っていますので、場合によっては申し込みをする時点でいくつかの候補のなかから好きなものを選択できることができます。

快適さを重視する場合は大手のリゾートホテルですが、地元の中小規模のホテルや旅館でも天然温泉や新鮮食材のグルメなどの付加価値が付いていることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です